思い切ってノーファンデで過ごす 思い切ってノーファンデで過ごす はコメントを受け付けていません。

化粧をし始めた頃は、鏡の中でどんどん変わっていく自分を見るのが楽しいもの

 

です。新しい自分を発見したような、仮面を被ったような気持ちになり、前向きにな

 

ったり積極的になったりなどのいい面があったりもします。

 
ところがそれは日常の一部になると、もはや化粧をすることによる高揚感よりは

 

自分の肌や心理的に受けるダメージの方が大きくなってしまいます。

 

例えば、ノーメイクでは外出が出来なくなったり、化粧をしていることで荒れた

 

素肌を人前に晒せないというような状態ですね。外出が億劫になり、肌はますま

 

す荒れ、気分も低迷。そうならないように、一度思い立ったら化粧を少なくしてい

 

きましょう。作られた美しさよりも、素が美しいほうがいいのは当たり前ですね。

 

ファンデーションを塗りたくって皮膚呼吸が止まり、それを落とすのに刺激の強い

 

洗剤や指での擦りで荒れた素肌を戻すには、思い切ってノーファンデで過ごす

 

 

必要があります。ファンデを塗らなくなっても日焼け止めは塗りましょう。

 

それで十分です。すると、肌が素肌なので自然に他の所も薄くなってきます。

 

アイラインはやめてマスカラだけ、真っ赤な口紅でなくベージュのグロスだけとい

 

う風に。素肌の美しさが戻ったらもうこちらのものです。つい塗りたくってしまう手を

 

一度止めてみましょう。

脱素足サンダル 脱素足サンダル はコメントを受け付けていません。

夏は、裸足にサンダルで外出するのが定番になっている女性も多いでしょう。

 
あなたの美脚を披露できる唯一の季節でもありますが…とはいえ、オフィスやレストランはクーラーがきいていて、夏場なのに足元から冷たくなってしまう。そんな経験をしている人も多いのではないでしょうか。

 
おしゃれは我慢だなんて言いますが、冷えは特に女性にとって大敵です。
果たして寒さを我慢してサンダルを履き続けて良いものでしょうか。

 
冷えは、ただ寒くてつらいだけではなく、月経痛や月経不順につながります。
月経痛がひどい女性は、そもそも身体の血の巡りが悪く、代謝不良に陥ることで痛みが起こったりします。

 
多くの場合、下腹部や腰の他に、足の脛の内側にある三陰交と呼ばれるツボを温めることで、だいぶ苦痛を軽減できます。

 
裸足にサンダルを履くというのは、この三陰交を常に冷やしてしまう状態なので、知らず知らずの内に体に負担がかかっているんです。

 
代謝不良によるむくみも多くの女性の悩みだと思います。
朝は顔がむくんでいて、夕方は足がぱんぱん。

 
これも、足元とお腹周りを中心に温めることで、体全体の代謝が良くなり改善されます。

 
また、冷えは肩凝りや自律神経の乱れ、放っておくと不妊症など深刻な疾患の原因になることもあります。

 
そうなると、やはりこのまま足元を冷やし続けるわけにはいきませんね。
最近は、いわゆる「冷え取り健康法」が着目されるようになり、夏向けのお洒落なレギンスやレッグウォーマーも登場しています。

 
サンダルと合わせてコーディネートしてもかわいいので、これを機に、「脱素足サンダル」して、内側から健康な美人を目指しませんか。

体を動かしてみましょう 体を動かしてみましょう はコメントを受け付けていません。

痩せたい。
体重計にのり、今日は何キロだ、ああ何キロ太った、あと何キロ痩せたい、と考える人は多いでしょう。
もちろん、体重の数字も大切ですが、同じ体重でも見た目が全く違うことがあると皆さんはご存知でしょうか。

 

 

同じ160センチ50キロの女性が2人いたとします。
BMI指数は2人とも19.5です。
19.5は、やせぎみとなります。160センチの理想体重はなんと56.3キロです。
これは、体重(キロ)÷(身長(メートル)×身長(メートル))という計算式で、同じ身長体重ならば、BMI指数は同じになります。

 

しかし、この2人の体系を考えてみましょう。
一人は習慣的に運動をし、ほどよく筋肉がついている。
もう一人は運動する習慣がなく、ぽっちゃりさんだとします。
同じ50キロだとしても、ほどよく筋肉がついている人の方が痩せて見えるでしょう。
それはなぜか?それは、脂肪より筋肉の方が重いからなのです。

 

 

痩せたい。
そう思うのであれば、体重の数字にとらわれず、見た目の変化を気にしませんか?
数字だけ気にしても、綺麗には痩せません。
たとえば、断食や〇〇だけ食べるという無理なダイエットに走ってしまうからです。
数字のことはいったん忘れて、体を動かしてみましょう。

無理なくダイエットを成功させること 無理なくダイエットを成功させること はコメントを受け付けていません。

ダイエットをする時に、摂取カロリーを計算して、食事をコントロールする方もいら

 

っしゃるでしょう。ダイエットには食事管理はとても大切ですが、あまり気にし過ぎる

 

のもストレスの原因になってしまうでしょう。

 
今日はこれだけ食べたから後はガマンなど、数字で食事を管理してしまうと、

 

却ってストレスが溜まってしまい、リバウンドや間食の原因になってしまいかねませ

 

ん。

 
食事管理は、数字ではなく食材で考えてみるといいでしょう。

 

例えば、わかりやすい例で見てみると、同じ熱量でも、ポテトチップスとお蕎麦で

 

は全く異なります。ポテトチップスは、そのまま身体の脂肪へと変わりますが、

 

お蕎麦は身体の栄養として消費され、健康な身体作りに役立てられます。

 

同じ熱量でも、ダイエットに効果的なものやダイエットに大敵なものもあるでしょう。

 
また、同じ熱量でも腹持ちの良いものや、すぐに消化され、お腹がまた空いてしま

 

うというものもあります。

 
数字だけで見てしまっては、このような食材の違いを見落としがちになってしまう

 

かもしれません。ダイエットを成功させるためには、自分が食べるものが身体にど

 

んな働きをしてくれるのかなども知っておくと、無理なくダイエットを成功させること

 

に繋がるのではないでしょうか。

枕をやめてみる 枕をやめてみる はコメントを受け付けていません。

暮らしの中で日々の習慣になっているもの、当たり前になっている行動などを見直す事はとても大事です。

 

物や情報で溢れているいま、自分にとって本当に必要な物を見極める事が重要になってきました。

 

何気なく使っているものや、何気なく行っている行動、習慣は本当に自分の美容、健康のために役立っていますか?

 

良かれと思って続けていることも、もしかしたらマイナスに働いているかもしれません。生活を少し変えることで、目覚しく体調がよくなるかもしれません。

 

睡眠は毎日の中でも大切な時間で、日々使う寝具は体にとって重要な役割を持っています。

 

寝具が合わないと眠れないなど、眠りの深さにもかかわる大切なアイテムですが、自分にあったものを見つけるのはなかなか難しく、寝具選びは大変と言うイメージがあると思います。

 

最近では、美容に効くピローなどの開発もすすみ、首のシワや顔のむくみを解消できる商品も販売されていて、その品数もかなりの数です。

 

ですが、ここでひとつ思い切って枕をやめてみる事を提案します。寝具によって首のしわが発生するのであれば、その寝具をやめてみてはいかがでしょう?

 

はじめは違和感があるかもしれませんが、続けているうちに、首だけでなく顔のシワも軽減されたという報告があがっています。やめる事は簡単です。まずは試してみることが大切です。

コツコツと毎日の美肌作り コツコツと毎日の美肌作り はコメントを受け付けていません。

朝と夜にしっかり洗顔を行っている方は多くいらっしゃるでしょうが、朝を、拭き取り

 

化粧水などを使った拭くだけのタイプで済ますことで、美肌を保つ方法がありま

 

す。

 
実は、翌朝の顔の状態は、それほど汚れているわけではないのです。

 

よく汗をかく夏場は別として、例えば冬場はお肌が乾燥しやすく、過度に顔を洗っ

 

てしまうと、かえって乾燥を引き起こし、小じわやたるみなどの原因になってしまい

 

ます。

 
拭き取り化粧水など拭くだけのタイプですと、潤いをお肌に与えながら、余分な皮

 

脂などを落としてくれます。冬場もしっかり顔を洗っていて、なんだか洗いすぎか

 

なと感じていらっしゃる方は、拭き取るタイプに代えるだけで、お肌の乾燥を防ぐ

 

ことができるでしょう。

 
始めは、拭き取った後のコットンが少々汚れていて驚かれる方も多いかもしれま

 

せんが、何度か使い続けていくうちに、お肌が慣れていき、汚れも薄くなってきま

 

すので、安心して使い続けることができるでしょう。

 
拭き取り化粧水には、パラベンフリーやアルコールフリーなどお肌に優しいものも

 

ありますので、このようなものを選び、コツコツと毎日の美肌作りを心掛けると、お

 

肌もそれに答えてくれ、その効果が徐々に表れてくることでしょう。

一切付けないという思い切りも必要 一切付けないという思い切りも必要 はコメントを受け付けていません。

女性の多くが、肌を美しくしたり、維持するために実に様々な化粧品を日々、用いています。

 

そういった方法で、肌に艶や潤いといった美しさを保てていれば良いと言えます。

 

ですが中には、化粧品で肌荒れ等の肌トラブルを抱え、自分の肌に合う化粧品を求めて、日々探し続けている人がいたりもします。

 
というのも、肌というのはその人によってその性質も特徴に、違いというモノがあります。だからこそ、本来、肌に良いとされる化粧品でも、その人の肌質によっては逆に肌荒れを引き起こす原因になってしまったりもするのです。

 

実際、低刺激の化粧品は肌トラブルを起こし難いのですが、あくまで起こし難いだけであり、かなりの敏感肌や癖肌の人だとやはりそういった化粧品でも肌荒れを起こしてしまいます。

 

それに幾ら低刺激の化粧品でも、毎日、肌に付け続ければダメージは蓄積されて行き、肌トラブルの引き金ともなり得るのです。

 
そしてそんな化粧品の中で、化粧水というのは、肌の潤いを与えるポピュラーな存在です。

 

ですが、潤いを与え肌に良いはずのそんな化粧品ですら、逆に乾燥や肌荒れを引き起こす原因ともなり得ます。

 

だからこそ、肌トラブルに見舞われている人は、それを改善する化粧品を探すのではなく、一切付けないという思い切りも必要なのです。

 

そうする事で、肌が本来の働きと調子を取り戻せる可能性があります。

スキンケアをシンプルにする スキンケアをシンプルにする はコメントを受け付けていません。

みなさんはスキンケアをするときに、どれだけのステップを踏んでいますか?

 
最近は、スキンケアをシンプルにすることこそが、肌本来の力を引き出すという考

 

え方が美容界でも見直されています。

 
肌は本来、肌が持つ水分と油分である皮脂がちょうどよく分泌されることで、美し

 

い肌を保てるという構造になっています。

 
ですから、スキンケアの際に数多くの化粧品を使用することで、肌本来のパワーが

 

うまく引き出すことができなくなるのではないか、と考えられているのです。

 
そこで、スキンケアのステップを必要最小限に抑えるように、現在のスキンケアを見

 

直してみてはいかがでしょうか。

 
現在のスキンケアから、飛ばしてもいいものは何か?と考えてみるのです。

 
やはり最初から水分も油分も与えないスキンケア、というのは抵抗がある方も多い

 

かと思います。

 
ですから、化粧水、もしくは乳液、クリーム、美容オイルなどではなく、美容液の使

 

用を一度中止してみてはいかがでしょうか。

 
でも、中止したことによって肌が栄養不足になるのでは?と考える方もいらっしゃ

 

ると思いますが、そうではないのです。

 
美容成分を過度に肌に取り込みすぎないことによって、肌本来が持つパワーを引

 

き出すことこそが目的ですから、水分、油分さえ適度に補ってあげれば肌本来の

 

持っている機能が正常化し、美しい素肌を取り戻せるという美容方法なのです。